「ニコニコ動画」で見られる、主にMAD動画の感想と紹介
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
爽快シンプルシンクロ作品の神髄 

爽快シンプルシンクロ作品の神髄


アイドルマスター KOTOKO ↑青春ロケット↑


●妖精P ●とかち/あずさ/やよい
●爽快系/シンプルシンクロ


KOTOKOのポップな楽しい歌に乗せてアイドルが躍動感たっぷりに楽しそうに踊る.とにかく見ているだけで楽しくなれる作品.色あせぬ名作として,ニコマスファンであれば一度は見ておくべき作品であろう.シンプルシンクロの神髄が詰まっている.

視覚に訴えるような刺激的なエフェクトは一切無く,アイマス内の公式演出であるアピールすら使っていない.元のダンスのスピード調整のみで見事なまでにきれいなシンクロを見せてくれる.そのシンクロの高さに驚くわけだが,動画の切り貼りが少なく,元のダンスの長回しであることに気づくとなおさらすごさがわかる.そう,あまりに流れが自然でいろんなことに気づけないのだ.

この作品の悲しい運命は,あまりにも高い「自然さ」であろう.MADとして作ったものではないのでは? と思われてしまう悲しさを伴う.アイマスあんまり知らない状況で「これが公式動画なんだよ」と言われたら,確かに信じてしまうよね.

以下,自分語り的な要素が増えるので格納.見たい人だけ見てください.熱く語ってみた.
**
自分をニコマス界に引き入れるきっかけを作ってくれた作品が2つある(爽快シンクロ系と演出で魅せる系).その爽快シンクロ系が,この作品であった.

■ ニコマスにハマっていく経緯

ニコ動を見始めたころはニコマスに全く興味がなく,ほとんどのニコマス動画をスルーしてた(当時はニコマスという言葉は無かった).でもランキングにちらほらニコマス作品が散見されるようになって,少しは気になっていたんだけど,でもなんとなく見ることに抵抗感があった.なかなか踏み入れられなかった.

で,そんな頃に桃月PのランキングスペシャルがUpされた(週刊アイドルマスターランキング 秋の大感謝祭スペシャル Part1).そうか,これまでの人気作品を見れるのか.試しにランキングくらい見てみようかな,とクリック.そしたら見てみてびっくり.何この楽しそうな空間?

衝撃だった

とにかく視聴者のコメントが愛にあふれている.アンチコメがほとんど見られず,自分の好きな作品に対しては称賛コメが流れる.たとえ順位が低くても好きな作品には「これは見るべき」とかの推奨コメであふれている.ああこれは何やら楽しそうだ.見てて嫌な気持にならない.

それじゃあと,まずは基本のPB(アイドルマスター KOTOKO Princess Bride!)を見た.これは確かに楽しい! 皆が絶賛するのが良くわかる.まず歌が楽しい.そして見てるだけで楽しいのにコメントも楽しい.皆で楽しもうという感じが溢れていて,幸せな気持ちになれた.

こうなったら,もっと別のも見て楽しさを味わいたい.よし,まずはKOTOKO作品を見漁ろう.KOTOKOの歌が自分にとって耳触りがよく,心地いいことがわかってきた.ニコ動視聴の前に,電波ソングにハマりかけていた時期があったという背景もあった(MOSAIC.WAVとかね).ランキング見てたらKOTOKOの曲を使ったMADがたくさんあったし.

この作品を見始めたきっかけも,KOTOKOの歌を聴くのが目的だった.「ぱんぽんぱぱーん」の耳に残るフレーズと楽しげな歌に見事にはまり,しばらくヘビーローテーションしてた.確かに楽しい.しかしそのうちリピートを繰り返すうちに,動画に見入るようになってきた.これ良く見ると楽しくね? 何この自然なシンクロ? 何このシンクロ具合? 元々この曲用に作った動画じゃないんだよな.どうなってんのこれ?

いろいろと衝撃だった.

別の曲用のダンスを切り貼りしてアレンジしただけで,ここまで別の楽曲にもシンクロさせられるのか.シンクロしているのを見ると何でこんなに楽しくなってきやがるんだ.なんかワクワクが止まらん.

と見ているうちにニコマスにハマっていくのでした.

■ 改めてこの作品を評価

自分の中でこの作品が高レベル爽快シンクロのベンチマークとなっている.演出バリバリで刺激的なエフェクトを大いに利用して魅せてくれる作品も勿論好きだが,そういった技術を使うことなくシンプルなのに人を引き込んでいるというのは逆にすごいと思うのだ.小細工なしでも土俵に上がれるんだぜ,という職人気質的な部分にほれ込んでいるのかもしれない.

自分のマイリストの紹介コメにて「シンプルシンクロ」とタグをつけている作品群には,「シンプルなのに魅せてくれるよ」というPへの敬意を込めている.Simple is best! とは使い古された表現ではあるが,まさにそれを体現している作品なのだ.だから私はこの作品が大好きである.

私をニコマス界に引き入れてくれたこの作品,作品を作ってくれた妖精P(yotaP?)に伝えきれないほどの謝意を.ありがとう.
そしてランキングを作ってくれた桃月Pにも多大な感謝を.あのランキングをきっかけにニコマス界にはまった人たちは多いと思うんだ.あれはニコマス界の裾野を広げる上でかなり重要な役割を果たしているように思う.

**
見る専の私にできることはPを応援することくらいです.というわけでいつものフレーズで記事を締めます. ↓

作品に少しでも何か感じたら,Pへの賛辞・応援を動画内のコメントに残そう.「GJ!」とでも何とでも!

参考: マイリスト 爽快・楽しくなる IM@S MAD


COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 爽快・楽しくなる動画. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。