「ニコニコ動画」で見られる、主にMAD動画の感想と紹介
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音の重なりや曲のアクセントを表現する方法について 

音の重なりや曲のアクセントを表現する方法について



◆きゃのんP

イベント 『じっくり語り語られてみよう』 に参加し,作品について語っています.作品へのネガティブな表記・ネタばれを含む場合がありますが,イベントの趣旨に乗った上での記述とご理解ください.他の方の語り記事一覧 → 『No.20: together 4 ever-From ポップン15-(真ソロ)










-- ここより格納先 --

【Pからの語り視点の注文】

前回もこの企画で色々語っていただいたのですが、その時同様、この作品を見た方が「ティン☆」ときたポイント・こなかったポイントを率直に語っていただけるとありがたいです。

前回の作品とは色々と傾向の違う作品になってますので、比べてみてどうか、という視点のお話でも結構です。

まず始めに

「アイマスにハマるきっかけはきゃのんPの真でした」と発言できちゃう人が結構多く,特に真好きな方に大きな影響を与えているきゃのんP.そして専属Pとして活動を続けていて,この界隈において「きゃのんPの真」が確立されています.

きゃのんP作品を見るときは「おお,きゃのんPではないか」とP名を意識した見方になってしまうんですよね.で,今回の企画においても,きゃのんP像・きゃのんPの真像に絞った語りが多く見られるんじゃないかなあという予想をしています.この記事の執筆時点で,まだ他の方の記事を読んでいないのでわからないんですが.

ということで自分は,あえてP名を無視して,誰の作品なのかってことの色眼鏡を外した上で作品語りをしてみよう.長くプロデュースされているPさんですし,P名の影響を無視した上で作品を見られる機会も減りつつあるでしょうし.こういう視点もありですかねw

あと,前回の語り企画の時点と異なる点は,私がPデビューしたということ.P的な立場での作品視聴視点も少しもてるようになりました(まだペーペーで未熟ですが).そういった観点でも語ってみます.

「ティン☆」ときたポイント

数え上げるとキリがないんで「変化」を中心に4つに絞ったよ!

◆シルエットから入る前奏
ダンスを構築してアイドルの魅力を引き出すというのがアイマスMADの魅力であるが,アイドル達に踊ってもらうことで曲の良さを引き出すという逆の側面も持っていると思う.私自身はそういう作品を好む傾向があり,自らMAD制作する上でも,曲ありきの姿勢である.

シルエットの真で始まる前奏は,一種のイメージPV的な雰囲気を感じさせ,真によって曲のかっこよさを際立たせるのに一役買っていると感じる.他のアイドルを脳内で当てはめてみたけれど,この曲には真が一番しっくり来るような気がした.曲のかっこよさを彩るときに,真というキャラクターの持つ魅力は非常に有力である.

◆背景の真とメインの真と
0:28~0:40のあたりの話.

BPMを合わせてダンスの速度を調整すれば,曲のリズムに合ったダンスを構築するのは難しくないです.どのダンスを用いるのか,そしてビートのタイミングをきっちり合わせればいわゆる「シンクロ」は構築できます.ただそれだけだと,物足りなく感じることがあります.

曲というのは色んな音の重なりで出来上がっており,ビートを刻む部分だけに合わせてダンスを当てるだけだと,メロディラインを無視したようなダンスになってしまいます.足でビートを,上半身でメロディラインを別々に表現できると,自分にとって「おお!」と思えるようなダンスになるわけですが,限られたダンス振り付けの中でそれを見つけ出すのはなかなかに難しい.

で,曲の要素を背景の真とメインの真を使い分けて表現しているこの部分は「なるほどねえ」と唸ってしまいました.曲の持つ重なりを,映像の重なりで表現する.そのための「抜き技術」ってのは面白いなあと思いました.

◆背景に真が!
ステージから一転して,背景に真が映りこむシーンに切り替わる部分が非常に新鮮.ステージが暗めだったということもあり,色彩が一気にガラッと変わるのはメリハリがあって面白い.背景に使用されている真の表情やポーズがまたいいんだ.

◆で,ステージに戻る
この作品を見ていた中で一番ティン☆ときたのがここでした(1:33~1:37くらい).何も特別に難しいことをしているわけじゃないんだけど,シンプルでわかりやすい変化がいいよね.こういう背景がメインに切り替わる演出自体が新鮮でした.

エフェクト多用してゴテゴテした演出を増やしてしまうと,このようなシンプルな変化をつけにくくなってしまうのかなあと感じます.物は使いよう.色彩の変化を利用した視覚に訴えかけるビビッドな変化は大好きです.

「ティン☆」とこなかったポイント

◆曲のテンポ
ごめんなさい! 個人的にもう少しテンポの早い曲が好きなのです.選曲を否定しているわけではないです.ひとそれぞれの好みがあるってことで.

自分も好きな曲でダンスを踊ってもらっていますが,ああいう曲が好きじゃない人もいっぱいいると思ってます.選曲自体はそれぞれのPが好きなようにやればよくて,人に媚びる必要は無いですよね.

◆正直な話
困ったことに,あまり「ティン☆」と来なかったポイントが無いんだよね.この作品は,ブログでの紹介でとりあげたことあるし(ニコマス5選 on 11-03).自分のブログではティンと来ない作品は紹介しないシステムになってるので,紹介した時点で「皆に見てほしい!」って思ってるのよね.

昨今のニコニコ動画で人気のあるアイマスMADに比べると派手さには欠ける作品ですが,もっと見られていいと個人的に思っています.つうか玄人好みの作品になるのかな.伸びが悪いのは多分選曲も一要因ですかね.音ゲーMAD@アイマス作品はなんせ伸びにくい...



--
色々と自分にとって勉強になることの多い作品でした.企画でじっくり見返せたのは私にとって凄く嬉しい機会だったかもw 「きゃのんP」の名前を外した上での作品語り,きゃのんP,いかがでしょうか?

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
(゚Д゚)/
cha73 | URL | 2008-12-11-Thu 01:38 [EDIT]
序文で呼ばれた気がしたのでw

 ま、それはおいといて。
そうか! あの背後の真も曲の流れを感じさせる効果も
担っていたのか! 言われてみればそうだ!
だから重なっているんだこれ! なんてこったい!
大変だ! かーさん今夜はすき焼きに(ry
今何時だwww

しかし作る人はすげーなあ。
まるで魔法使いとMPゼロの人ぐらい違う気がする。

それにつけても、じっ語のおかげで作り手さんたちの
深くて熱い情熱と生みの苦しみが今まで以上に
わかるようになってきた気がします。
これ以上ニコマスにホレさせてどーすんの? なんてねw

RDG | URL | 2008-12-11-Thu 08:12 [EDIT]
>> cha73さん
『じっ語』参加&記事巡り,ありがとうございます.
きゃのんPの真,真ときゃのんP,という視点で語るのはcha73さんに任せればいいよなーと,安心してP名の冠を外して語ってみたのでした.そちらさんの記事を読んで,自分の判断は正解だったとw
第2期の中盤くらいから他の方の語り口が見えてきたので,自分はあえて変化球的な語りを入れることを狙っています.そうしたほうが参加Pさんも読み手も面白いかなーと.

『じっ語』に関して.参加した人にはそれぞれ得るものがあるようで,そこは嬉しく思っています.僕自身も語り,そして返事をもらえるのが嬉しくてたまらない.
語り手として参加する敷居がどんどん上がっていて,ちょっとそこらの反省はせねばならぬなあと思っていますがね(汗 第3期があるかわからんですが,次があるとしたら改善したいところ.

双方が満足できるような「場」を用意できたのは嬉しい限りです.参加者の真摯な姿勢がなせる業でして,感謝がとまらんです.cha73さんの参戦も非常に嬉しい.

第2期を締めくくる最後の2作品を出しました.しんどい視点ですが(w),ぜひともご参加くださいませ.ニコマスにもっとどっぷり浸かっていいと思いますよ!

TRACK BACK
TB*URL
また語られてみました(その1)
日々是惰眠。 ~きゃのんPのブログ~ 2008-12-25-Thu 16:12
さて、悪戦苦闘しつつもようやく一段落ついた形となりましたので、一旦投下いたします。   『じっくり語り語られてみよう』  以前の...  [続きを読む]
また語られてみました(その2)
日々是惰眠。 ~きゃのんPのブログ~ 2009-01-14-Wed 21:50
さて、お待たせして申し訳ありませんでした。 このエントリでは、前エントリ『また語られてみました(その1)』に引き続き、語っていただい...  [続きを読む]
Copyright © 2005 爽快・楽しくなる動画. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。