「ニコニコ動画」で見られる、主にMAD動画の感想と紹介
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネタが発展していく楽しさ ―『スイハンジャイ』を例に 

ネタが発展していく楽しさ ―『スイハンジャイ』を例に


ぎょPのスイハンジャイ(第1話第2話第8話)が楽しすぎて,今でも何度か見直してます.こうなったら特集的な記事を書くしかあるまい! と思い立ったものの,時間が空いてしまいました.このタイミングでただ紹介してもつまらないので,スイハンジャイの誕生に至るまでを少し振り返ってみることに.たまにはこういう記事も書いてみようという自分への挑戦でもあります.

調査不足による間違いや記述ミスがあるようなら,指摘願います.

KEYWORDS


 Pさん: あっぷ氏かめこPぎょPむらたんP
 アイマス: おはよう!!朝ご飯(A),L4UのDLC「グラビアミズギ2」「磁石」
 元ネタ: ダウンタウンのごっつええ感じ,特撮モノ一般

以下,長文により格納.

震源地1:おはよう!!朝ご飯(A)


一つ目の流れ.震源地は間違いなく公式曲「おはよう!!朝ご飯(A)」.この歌無しには,スイハンジャイは生まれなかったはず.

2008/02/28発売のTHE IDOLM@STER L4U! に今までの公式曲のリミックスが搭載された.L4Uに搭載されたリミックス曲は,今までの曲の雰囲気を崩すような思い切りのいいものが多く,この曲も例外ではない.明らかに特撮モノのOPを意識した曲作りで,プレイヤーの多くを戸惑わせつつも,喜ばせた.

タグ 朝食戦隊スイハンジャー の中でのジェバンニ作品は最東みんくP.

コメを見ていると,その日のうちに「朝食戦隊スイハンジャー」という命名がされてるようです.

亜美真美の中の人(下田麻美さん)の焼肉マンなども話題になりました.



朝食戦隊スイハンジャーの誕生


翌日(3/1)に,かめこPのコラボ作品が誕生.

炎神戦隊ゴーオンジャーのOP映像に曲を入れ替えただけなのに,なんという違和感のなさ!

そして,その翌日(3/2)にむらたんPが擬似OPを仕上げた.

この作品の面白さは,野外ステージの使用・各衣装・テロップと,忠実なまでに特撮モノのOPを捏造再現したところにある.

現在では,第1話第2話が既にアップされている.

そして,wikiは異常なまでに充実している.
 → 朝食戦隊スイハンジャー まとめ

震源地2:ごっつええim@sの誕生


もう一つの流れ.あっぷ氏がこれまでにあまり見られなかった発想からコラボ作品を生み出した.


お笑いネタをそのまま再現してくるとは・・・

なつかしのMr.Baterである.ベタ展開を繰り広げてBaterが急にキレるという展開をただひたすら繰り返すネタである.春香と雪歩の空気感のギャップがベタベタで面白いんだよね.

ちなみにお笑い的なネタをアイマスで再現した作品は,もっと前からあります.タグ「お笑いm@ster」で検索すれば出てきますが,京都Pの『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』,ニセPの『アイドルマスター ロリフ大爆笑』 あたりが有名ですかね.

スイハンジャイの誕生


あっぷ氏の作品に刺激を受けて立ち上がったP,それがぎょPである.(ブログ記事 にも書いてあったよ).「ごっつ」の有名ネタである「ゴレンジャイ!」にコレを混ぜ,24時間アイマスTV!のバラエティ枠でこのネタをぶつけてきた.



この作品の面白さは,限られたアイマス素材の有効利用により,見事なまでの元ネタの雰囲気を再現していることにある.もちろん,元ネタの視聴経験があったほうが面白みは増す.表情の切り取り方が秀逸であり,ハル閣下さんと他の5人とのギャップを元ネタ同様に楽しむことができる.

スイハンジャイの発展


ぎょPのすごいところは,一発ネタで終わらすのではなくて,2作目・3作目と続編を制作したことである.しかも週刊で.回を重ねるごとに,面白さ・上手さを増していくのが素晴らしい.


2作目には,みんな大好きタイツPがゲスト出演を果たす.しかしながら,ゆずにはびっくりしたよ.


3作目の制作に移る前に,6月のバンナムさんからの新規DLCに「磁石」が入ったのが楽しい流れ.そして「グラビアミズギ2」.コレによって,あの「放課後電磁波クラブ」というキワドイ衣装の名物キャラの再現すら可能になってしまったのである.ちなみにこのきわどい水着,「ムタンガ」という単語でググると,それらしき水着が出てきます.実在してるのか…

3作目にリンクがありますが,ED単品でアップされた作品も見に行くべき.というかED単品の作者タグロックを確認してください.

派生と発展


こんな風に何かネタ的なものが一つが投下されたときに,それを活かして発展させた作品を作り上げていく素地がこの界隈にはある.もちろんニコ動全体を見てもそういう流れがありますよね.そういう瞬間を見ていけるのは非常に楽しいです.こういう楽しい瞬間がひっきりなしに見れるから,私はニコマス・ニコ動を楽しんでいるんだろうなあ.

一応ぎょP的には「第8話」で終わらせるつもりみたいですが,まだここが終着点ではないかもしれんですよね.まだ発展を見せる可能性も捨てきれない.バンナムさんがどこかのDLCに「森ビル」的なものを導入してくれたら・・・

おまけ


こういった作品の派生的なものを追いながら作品紹介されているブログがあります.
 BYE BYE BLACKBIRD@Hatena

一日の更新量も多いわ,引き出しが多いわ,取り上げる話題も多いわで,BLACKBIRDさんにはいつも脱帽してます.BLACKBIRDさんがスイハンジャイを取り上げたときに書かれていたコメント「出演していないゆきまこ大勝利」というのが面白かった.


COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ぎょ | URL | 2008-08-11-Mon 18:09 [EDIT]
忙しいのに長文乙ですw
色んな人の動画見ると、本物のPVだったりテレビだったり、色んなところから影響受けてるなぁと思うんですが、自分自身はそれがニコマスの比重が大きい気がします。
MADのMADとか大好き!w

RDG | URL | 2008-08-13-Wed 12:10 [EDIT]
>> ぎょP
書きかけのテキストファイルを開いてみたら,文章が結構出来上がっていたのでした.
昔の自分に驚きます.
こういう形の記事,大変で難しいけど,書きあげたなあという実感が湧きますね.

>ニコマスMADのMAD
実写雪歩や庭'zとかですね,わかりますw
見る側としても元ネタを共有しやすいから,楽しめる要素が大きいのが良いですね.
これからも色んなMAD(歌ってみた含めて),期待してますね~


TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 爽快・楽しくなる動画. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。