「ニコニコ動画」で見られる、主にMAD動画の感想と紹介
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦闘機と765プロアイドルとのコラボが生み出す映像美 

戦闘機と765プロアイドルとのコラボが生み出す映像美



◆ masaminP

イベント 『じっくり語り語られてみよう』 に参加し,作品について語っています.作品に対するネガティブな表記を含む部分もありますが,イベントの趣旨に乗った上での記述とご理解ください.この作品の語り記事一覧 → 『No.09: ブルーインパルス×アイドルマスター あずちは+ロリトリオ ~HeartBeat~


【Pからの語り視点の注文】
「AMV」と「MADPV」の違いについて。 そしてその融合/離別について。
 1) その試みは成功していると見れるか、失敗していると見れるか、
 2) そもそも、その方法論はイケてる方法なのか、それともイケてない方法なのか、
 3) そしてそのどちらであるにしても、それはなぜなのか。
(上記リンク先に,より詳しい見てほしいポイントが書かれています)

コメ消しの初見の感想


<サムネ> 実写込みのMADはちょい苦手なのでパスですかね(汗
<曲> 洋楽.耳触りも良くて程よい疾走感.青空によく似合う曲ですね.気持ち良い.

<映像> アイドルにしても飛行機にしても「抜き」がメチャメチャ気持ち良い.飛行機・あずちは・ロリトリオと,3種の画像が重なり合う部分はかなり楽しい.そして3種の画像が代わる代わる前面に出てくる構成も面白い.次々と変化していく映像に,ぼーっと見蕩れてしまった瞬間があった.

<アイドル> 青系ヘアカラーのあずちはと暖色系ヘアカラーのロリトリオ.対照的で良いですね.映像にメリハリがつきやすい.良い狙いだなあと思った.

<見終わって> コレ系の作品,食わず嫌いだったのかも.妙にカッコいいんですが.どうしよう.爽快でした.

「AMV」と「MADPV」の違いを意識してみる


なかなか難しい視点の注文ですね.まずは,masaminPが,この違いについて提示してくれているので,それを確認してみよう.例示してくれている作品を見ると,違いが一目瞭然です.
 (余談だが,銭形平次は今見ても相当笑えるw この作品でも語りたいくらいだ)

 AMV: PV自体が目的.音楽がメイン.
 MAD: 捏造・ウソのおもしろさを伝えることがメイン.音楽はそれらを伝えるためのツール.

違いを確認できたところで,提示された視点に答えていきましょう.

◆ 「AMV」と「MADPV」の融合は成功しているのか?
うーむ,厳しい目で見るならば,残念ながら動画単体としては成功していないかな.MAD的要素が分かりづらいと感じました.
ただ,ニコ動の作者コメ,そして企画として提示された視点,この2点を踏まえた上で作品を見直すと成功しているといえる.765プロに自衛隊からオファーがあって,飛行機の楽しさ・美しさを見せながら,アイドルを使って自衛隊員を募集するためのCMを作る.そういうシチュなんですよね.

飛行機の実写映像と765プロアイドルとのコラボAMVとして楽しめる作品です.それは純粋にかっこよいし,見ての爽快感が強い.上記の初見時の感想でも書いたけど,純粋にカッコ良かったです.私が飛行機好きだったらかなりハマったのかなあと思います.(ここらはAMV的?)

もし融合を目指すのであれば,「MADPV」的要素がもっと強くても良かったかなあと個人的には思います.勝手に提案してみると,

◆ ニコ動の作者コメでの脳内ストーリーを,寸劇風にして動画の最初 or 間奏部に組み込む
 この手法は,もやしP作品でよく見られる寸劇のイメージです(例・アイドルマスター 俺とやよいと「KAMAITACHI」).作者コメをしっかり読んでから動画を見るとは限らないので.この寸劇部分をインプットするかどうかで作品の楽しみ方が変わっちゃうと思うんですよ.

◆ 動画内に文字演出を加える
 タイアップだということを視聴者に伝える.動画だけを見ていると「ねつ造としての面白さ」に気づけませんでした.戦闘機の名前を字幕にしてみたり,もっと「隊員募集!」的なナレーションのようなものを入れるとか.最後まで見てやっと「航空自衛隊の宣伝のために765プロアイドルが使われた」というシチュエーションが分かった.

「AMV」と「MADPV」の融合はイケてる方法なのか?


この方法論は面白い.イケてると思います.もっとチャレンジしてみてくれー.

この方法論で動画を作っていくのであれば,どのようにそれを目指すのか,が大切なのかなあと.どちらの要素も五分五分にしてしまうと中途半端になってしまうかなあと思います.AMVベースでMAD要素を加えるのか,MADベースでAMV的要素を組み込むのか.どちらかに傾倒しつつ,もう片方のエッセンスを加えるのが分かりやすい気がします.

AMV的な作品が増えている現状であれば,アイマスMADを見る人はAMV的な要素を期待しながらクリックすると思うんですよ.masaminPの作品は『りつこの』でもそうでしたが,映像としての美しさが洗練されていると感じます.なので前半でAMV的な要素で人を引き込んでおきながら,実はMAD的な要素もありますよーと後半にネタを仕込むと面白いのかなと勝手に妄想.

MAD的な要素は「やりすぎだろ,これw」くらいの演出でちょうど良いと感じています.ウソとしての面白さを伝えるのであれば,「いいぞ,もっとやれ」と言いたくなる演出が素敵だと.『銭形平次』にはそれがありました.

◆ 分かりやすさという観点
私の個人的な楽しみ方なのですが,作り手さんが何を意図してこの演出を加えたのか? 何を感じさせたくて実写と合わせたのか? という意図を読み取れる瞬間が大好きです.それが見事にハマっているなと感じた時に,心がしびれます.その作品が一気に好きになります.

ただそれを視聴者に分かってもらうには,いろんな配慮が必要になりそうです.趣味としてニコマスを楽しんでいる人が多い現状,「見て分かりやすい」作品の方が一般ウケが良いです.おそらく「AMV」性や「MADPV」性に特化して,わかりやすい作品に仕上げた方が見てもらえるかもしれんです.

MAD・AMVの両者の楽しさを意識しているmasaminPには,もっと色んな実験的な作品を作ってほしいなと思いました(自分勝手な押し付けですかね? わかります).ニコマスの懐の深さ,可能性の大きさを実証できるような作品を作っていけるんだと思います.

制作の意図を読んでみた


MADとして作者自身が仕込んだネタ を読んでみたよ.
狙いが細かいw よほどの元ネタ好き(戦闘機・歌い手)でないとわからないですよ.Pのこだわりが見え隠れしてて嫌いじゃない流れですがw あずちはとロリトリオの対照的な演出は面白かったです.

最終的な私の感想


航空自衛隊とのまさかのタイアップ.戦闘機とアイドルのコラボレーションが生み出す映像美に爽快感が得られます.実写系の作品が苦手な人にも見てほしいな.美しい映像を楽しみたい,午後のティータイムにぴったりの作品ではないでしょうか.

--
こんな感じに語ってみました.masaminP,いかがでしょうか?

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

masaminP | URL | 2008-06-05-Thu 05:20 [EDIT]
masaminPです。

「語り」いただきまして、ありがとうございます。

まず最初に、
>コレ系の作品,食わず嫌いだったのかも.
というお言葉、大変嬉しかったです。
いわば料理人が、食べてくれる人の嫌いだった食材を料理して、
「おかわり」と言ってもらえたことに近いんじゃないか、なんて・・・
最上級のお褒めの言葉を頂いたと感じてます。

そして、長々とした私のややこしい注文について考え、答えていただきまして、
本当にありがとうございました。

主たる語り点3つに関しては、方法論としては十分にアリな方法であるけれど、
この動画においては、やはりもう少し MADな部分が薄味であると、
そういうご意見は、RDG様に限らず、多くの方からいただきました。

シチュエーションの妙といった面白さや、細かいネタなどを拾っていただけない、
さらっと見の方にも、せめてごく単純にかっこよさや爽快感を感じて
楽しんでいただけるような動画を、ということも、今回の目標の一つだったのですが、
なにかそのあたりに、おそらくこだわりすぎのところがあったのかもしれません。

まだまだバランスや方向の模索や、それぞれの要素のパワーアップが必要なのだろうな、
と考えています。
「動画の前か感想に寸劇を」など、具体的な改善点のご提案も、
ありがとうございました。おそらくそのままの形とはならないかもしれませんが、
ご提案の意義は次回に生かしていきたいと思います。


>もっと色んな実験的な作品を作ってほしいなと思いました(自分勝手な押し付けですかね? わかります).
いえ、もうこれは、断然エールを贈って頂いたと思ってがんばります。
もし、とんでもなく走りすぎのものが出てきちゃったとしても、よろしくご視聴おねがいしますね(笑)!。

短いお返事になりますが、以上です。
繰り返しになりますが、語りをいただきまして、本当にありがとうございました。


RDG | URL | 2008-06-05-Thu 06:09 [EDIT]
>> masaminP
語りへの返答,ありがとうございます.
実写込みの作品が,これほど爽快とは知らずにおりました.
むしろ,企画を通して出会わせてくれたことに感謝です.

寸劇に関しては,自分のたわ言なのであまりお気になさらずに.
やりすぎるとMAD要素が強くなりすぎますし.
masaminPなりのバランスでやってくださいまし.

他の人の語り記事にも目を通しましたが,皆さん色んな見方をしてますよね.
この作品の語り記事はかなり面白く読んでいます.

MADとAMVの融合は,配分というか力加減というかが難しそうですよね.
実験的な作品をもっと作ってくれ! というのはかなり本音.
走り過ぎくらいでOKではないかと.
その時は,是非ともmasaminPが作ってて楽しいと思える作品を作ってくださいませ.
それが一番大切だと思います.

新作,楽しみに待っておりますね.
(作品マイリスをRSS登録したんで,新作完成時には分かるようになりました)

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 爽快・楽しくなる動画. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。