「ニコニコ動画」で見られる、主にMAD動画の感想と紹介
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見る専ブログのあり方 
adobePの記事に反応します.
 - 褒め方貶し方

あまり面白くない内容を含んでいるため格納.
リンク先の記事を読んでいることを前提に書いてます.


こういう記事を読むと複雑な気持ちになります.
「なにくそ!」という気持ちが半分,「少し寂しいな」という気持ちが半分.
同意と反論,双方入り混じり.


反論から.

blogなんだから好き勝手やっていいじゃん.制作者に見せることを目的としてないblogだってあるだろう.自分が今日見た動画でこれが面白かった,というメモとしてblogを使ってる人だっている.そのあり方を否定するのは少し違うんじゃないか.

一番引っかかったのが最後から2番目の段落.それを反対立場から書き直してみる.
 「ニコマス制作関わるPにお願いです.
  見ごたえのある動画を作ってください.
  ブロガーが読み応えのある記事を書きたくなるような,動画を作ってください.
  AEのプラグインや,どこかで見たようなエフェクトでごまかさないでください.
  アイマスを知らない人が見ても分かるような見せ方をしてください」

カチンと来ませんか?

adobeP自身が新たな驚きを与えてくれる動画を作る人なので,反論できないっちゃあ出来ないんだけど.

色んな動画制作のあり方があってよいのでは?
同じように色んなblogのあり方があって良いのでは?
作り手もブロガーも常に全力投球なんて,疲れますよ.


そして同意部分.

P立場からすれば,
飾らない言葉で動画の事について言及してほしいという気持ち,間違いなくある.

僕はblogを巡るのが好きで,それが講じてPickupとかしちゃってるわけだけど,adobePの言うように自分の言葉で感想を書いているblogはやっぱり面白い.飾りの無い言葉で思った事を素直に書く人は大好きだ.

自分の動画に対して,そういう記事を書いてもらえた日なんて,小躍りする.実際,小躍りした.
いつも以上に熱と時間と力を込めて作った動画について言及してもらえたときは嬉しくって感動で(ry

そういうblogがもっと増えてくると嬉しいなと思う.


じゃあ僕自身のブログはどうか? というと,それは出来てない.
感想ではなくて紹介というスタンスを取っていて,動画の制作者に向けて書いてないからだ.

動画の制作者に向けて発信していた時期もあったけど,最近はその意識がすごく低い.このblogを見にきてくれた人が,「ああ,こんな動画もあったのか.見てみるかな」と思ってくれたら嬉しいなという意識でやっている.

ただ技術を褒める事はしないようにしている.技術を褒めてクリックを促せるような文章展開を構築できないし,何よりも僕自身が,その手の記事を読んでも動画の視聴意欲が湧かないからだ(ココで注意.僕の視聴意欲スタンスは恐らくマイノリティなので,一般論としては捉えないで下さい).

着眼点の面白さ,発想の面白さ,見せ方の工夫,
そういうものに言及するように気をつけている.
僕がP立場のときに,そこらへんに言及してもらえると嬉しいからだ.


まとめると.

adobePの意見は,ワガママといえばワガママだよな.見る専blogに多くを求めすぎだろうと.
でもこういう意見は,もっと表に出てきた方がいい.言う人がいなければ気づけない.
触発されてみるのも楽しいものだ.

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
管理人のみ閲覧できます
| | 2009-10-08-Thu 23:53 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

arakawa77 | URL | 2009-10-09-Fri 01:00 [EDIT]
よくぞ言ってくれました!
私はあれを読んでムカッときた人間でした。
言いたい事はわからなくもないけど、それを口に出して何かいい事でもあるのか、
今いるブロガーだってみんな出来る範囲で精一杯の事をやっているのにと。
色々思う事あったけど反応したら負け的な考え方をしてしまってました。反省。
RDGさんの考え、反論部分も同意部分もとてもいい記事でした。

RDG(爽快) | URL | 2009-10-12-Mon 01:13 [EDIT]
>> 秘密コメの方
個別に返事書いてメール送りました!

>> arakawa77さん
返事のタイミングが遅れている間にarakawaさん自身も記事書いてましたね.
興味深く読みましたよ.

色んな人がいる多様性が,楽しさを生み出してますよね.
もちろんadobePが望むようなブロガーさんも出てくると,
更に楽しくなるんだろうと思います.

どうしても動画について語ってほしいなら,
「この動画を語ってください」とかいう“じっ語”みたいなものをやればいいのに,ねえ.



TRACK BACK
TB*URL
adobePからの挑戦状に受けて立ってみた【発端】
迷亭水鏡の 茂木たてブログ 2009-10-13-Tue 00:38
「最近自作動画の宣伝しかしてねーなー そろそろ面白い動画のピックアップ記事でも書こうかなー」 と思っていたらタイムリーな記事があった...  [続きを読む]
Copyright © 2005 爽快・楽しくなる動画. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。